歯医者を利用する目的

歯科医院を利用する目的の一つに、虫歯や歯周病といった歯のトラブルを解決するということがあります。こうしたトラブルは、放置しておくとどんどん進行してしまうので注意すべきです。歯科医院では、虫歯を抜くといった直接的な治療も行いますが、定期的に歯を磨いてもらうなど、予防歯科と呼ばれる間接的な治療も行います。

様々な症状が発生する恐ろしい歯周病について知ろう

歯

年齢を重ねるに連れて歯は衰える

年を重ねると体のあちこちが弱ってしまい、たくさんのトラブルを引き起こしますが、それは歯も例外ではありません。40年も50年も使用した歯は、防御力が低下して虫歯ができやすくなったり、根元が弱って歯がグラグラしたりします。さらに歯そのものだけでなく、歯茎や歯を支える顎の骨も、歯のトラブルの原因です。歯茎が歯槽膿漏によって膿んで柔らかくなると、歯を支えるものが無くなってぐらついたり抜けたりします。また骨密度が年齢につれて下がることから、歯の根と繋がっている顎骨も衰えます。

治療

歯周病になってしまうと・・・

歯周病は、歯と歯茎の間の歯肉溝と呼ばれる部分に、ブラッシングが行き届いていないせいで細菌が滞留してしまい、そこから炎症が発生する病気です。これによる症状は、歯茎の炎症や化膿もありますが、他にもあります。例えば口臭が酷くなり、口の中がネバネバするという症状です。口の中に細菌が溜まった状態では、不快な臭いがします。
さらに歯周病は、歯茎が膿むことで歯茎が下がってくるという症状が現れ、これにより歯が長くなったように見えます。歯茎が減ったということは歯を支える部分が減ったということであり、歯周病が進行すると歯がぐらついたり抜けたりしてしまいます。

院内

定期的に歯医者に通うことの重要性

歯科には、虫歯や歯周病の症状が現れてから行くのでは遅いです。そうした症状に陥る前に定期的に歯科検診に行き、虫歯や歯周病を予防しましょう。いわゆる予防歯科では、ブラッシングを徹底的に行ってくれたり、歯磨きでは取れない歯石や茶渋を取ってくれたりします。そして普段のブラッシングに磨き残しはないか、どのように磨けば良いかといったアドバイスも行ってくれ、さらに歯のまだ弱い子供にはフッ素による虫歯予防も行ってもらえます。このよう予防歯科を有効活用すれば、歯のトラブルを抑えることが可能です。

医療器具

歯を失ってしまった際の対処法

もし歯周病で歯を失ってしまったら、インプラントによる治療が最善です。というのも、入れ歯は周りの歯を支えとしますが、歯周病の状態ではどの歯も弱っているので、入れ歯をつけることで逆に周りの歯が抜けてしまうからです。それに対してインプラントは、顎の骨に器具を直に埋め込むので、周りの歯の支えを必要としません。更に歯茎の支えも必要としないので、歯周病でも難なく使用できます。またインプラントは手入れが簡単で、普通の歯と同じようにブラッシングすれば大丈夫なので楽です。

[PR]
難聴には補聴器がオススメ☆
レンタルもあるので要チェック

[PR]
西畠清順の情報を大公開☆
世界が認めるプラントハンター!

[PR]
インプラントするならさいたまの歯科へ☆
実績と経験が豊富な歯科院なので安心!