>コラム>自然歯を残していくためには歯周病にならないように注意しよう

自然歯を残していくためには歯周病にならないように注意しよう

歯

歯周病の症状

堺の歯科医院では歯周病治療を目的に通う人も多くなっています。歯周病が進行すると歯を失ってしまうことにつながりますので、早期に治療を開始することが大切です。歯周病ではどのような症状が出るのかも知っておきたいですが、初期のうちはこれといった自覚症状がないことも多く、知らずの間に進行していることも少なくありません。それゆえ、自覚症状が出てきたらかなり進行している可能性もあります。わかりやすい症状としては、歯茎が腫れる、出血するということがあげられます。この他では口臭が強くなる、歯茎が長くなったように感じるという場合もあります。さらに悪化すると歯がグラグラすると症状が出ることもあり、この場合は抜歯が必要となることもあります。悪化すると改善はより困難となりますので、特に症状がないという人も定期的に健診を受けることがおすすめです。

院内

原因と治療法を知ろう

堺でも歯周病で悩む人は多いですが、進行を防ぐためには早めに治療を開始することが大事です。そして改善のためにはその原因と治療方法も知っておきたいところです。その原因は歯と歯茎の隙間である歯周ポケットに潜んでいる歯垢です。それゆえ、症状を悪化させないためにはブラッシングで歯垢をしっかり取り除く必要があります。取り残した歯垢は石灰化し、歯石となりますが、こうなると通常の歯磨きだけでは取り除くことはできなくなります。この他では喫煙やストレス、バランスの悪い食事なども症状悪化につながる可能性があります。治療方法としては原因となる歯垢や歯石を取り除くことが大事ですので、日頃の歯磨きは丁寧に行うことが大事です。さらに歯科医院のクリーニングも利用すれば、口腔内を清潔に保ちやすくなります。